LOG IN

手紙

by 楠 獺

言葉は旅に出る

行く先々で姿を変えながら

難しいことなんてもう

全部全部全部忘れた

左手で書いている

ピアノだって上手に弾いている

おぼれるほどの涙を

全部全部全部流した

サンシャイン あなたの日々が

光に溢れてくれますように

サンシャイン 照らす太陽

春に目を閉じるほど

公園に咲いている

シロツメクサたちが揺れる景色

誰にもあげないクレープを

全部全部一人で食べた

いつでも走っている

心の中に鍵をかくしてる

不思議なことばかりでも

全部全部全部笑えた

サンシャイン あなたの声が

軽やかに風に乗りますように

サンシャイン 今は太陽

転がってはしゃぐような

誰かの愛 集めてもまだ足りない

さわれもしない

近づけない蜃気楼みたいだ

息をすることも忘れるような

瞬間を忘れないで

サンシャイン あなたの日々が

光に溢れてくれますように

サンシャイン 照らす太陽

春に目を閉じるほどだよ

サンシャイン どこまでもただ

澄み渡る水平線のような

サンシャイン 笑顔見れたら

きらわれてしまってもいい

サンシャイン あなたの日々が

サンシャイン 光溢れて

 深夜に衛と前場くんが来て作業。次回のレコーディング3曲のベーシックの確認をする。僕らは瞬間を生きている。といえば かっこいいがおじさんである。こんなに一瞬一瞬を生きているおじさんに出会えるだろうか。

深夜2までの勝負である。翌日しかばねにならないために。

普通のおじさんになれなかった男たちの哀しい物語は続きます。

 先日録ったラフミックスデータを聞く。現時点で演奏が生き生きとしていてフレッシュです。

 ここ数日は、前場曲、ページュン曲も確認。今回のアルバムに入ります。

個人的にはずっと決まらなかったギターソロを確定できたことは非常に大きな前進である。ライブでやってる曲なのになかなか決まらない曲もあれば、全くやってないのにあっさりいける曲もある。不思議です。

物持ちが良すぎて機材やギターなんか随分と買ってない。高校生で買ったワウを未だに使っているのです。

自宅の音響設備を揃えたい。吊り下げのスピーカーにしたい。JBLにしようかな。

OTHER SNAPS